■針の施術

きわめて細いステンレス製の鍼(長さ約40mm~80mm、太さ直径0.17mm~0.33mm)を経穴(ツボ)に刺入します。
刺入方法は、主に管鍼法と言って円形の金属或いは合成樹脂製の筒を用いて無痛で刺入します。経穴(ツボ)に刺入した鍼は一定の刺激(鍼を上下したり回旋、振動させたりします。)
微弱な低周波パルス通電をする場合もあり痛みや筋肉のこり、血液循環の促進に効果があります。

 

■お灸の施術

艾(もぐさ)を用いて経穴(ツボ)に熱刺激を加える方法で一般的に「やいと、お灸」と言われております。
その方法は、艾を直接皮膚上に乗せて着火させる直接灸と艾と皮膚の間を空けて行う間接灸とに大別されます。

国家資格により定められている医業類似行為。
血液・リンパに及ぼす作用,筋肉に及ぼす作用,神経に及ぼす作用,循環器系に及ぼす作用によって緊張をとり除き、筋肉や関節の動きを調整することで、体の痛みや不快感を緩和させます。 皮膚の知覚神経を刺激することで反射的に血管拡張を促して血流量を増加させ新陳代謝を高めます。
尚、整体・リラクゼーションなどは国家資格の無い団体で治療行為はできません。

お体に障害や痛みがある方の療法のひとつに理学療法があります。理学療法は大きく3つに分けられますが、物理療法はそのひとつです。(物理療法・運動療法・動作訓練) 柔整物理療法とは、電気・光線・温熱・水などの物理的エネルギ-を生体に与えることにより、機能の正常化や損傷組織の回復を目的として使われます。

ファイテン

施術のあとなどにチタン(炭化チタン)を粘着面にコーティング。指で押して気持ちいいところ、痛いところにピタっと貼るだけで、他には何もいりません。ピンポイントで気になるところをケアします。筋肉の流れに沿って貼ったり、肩や腰などの広範囲にわたる部位やテーピングとして利用。主にスポーツをしている方に利用します。

■診療日